FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久安寺に浮かぶアジサイ

久安寺のアジサイ

水に浮かぶ紫陽花。

大阪府池田市伏尾町にある久安寺というお寺に行ってきました。
そこで見つけたのが、大きな水瓶に浮かべられた美しい紫陽花たち
この季節になると見れる風景で、

「今年はいつからはじめるの?」

と、観光客から問合せがあるほどのちょっとした撮影スポットになっているそうです。

しかし、和尚さんのお話では、これは散る寸前、枯れる寸前の紫陽花の花の最期の見せ場
この久安寺を訪れる人々に喜んでもらうため、
そして紫陽花たちの美しい姿を覚えていてほしいという思いが込められているのだそうです。

また、これは人間もまた同じであるとも仰っていました。

日本人は、御通夜や御葬式というものを、
どこか暗いもの、不吉なものと、忌み嫌う傾向があります。

しかし、それはもっと、神聖な儀式であったはずです。
亡くなった人の最期の見せ場なのですから、
もっと盛大に、もっと美しく、大いに悲しみ、懐かしみ、故人を送り出してあげるべきだと。

人も華も、いずれは散りゆく運命なのだとしたら、
最期はぐらいは美しく、可憐に散っていきたい。
そして、少しでも多く、長く、
自分が美しく必死に咲いていたことを覚えていてもらいたい。

そんなことを考えた日でした。


撮影:ケータイ 920SC「photos」
スポンサーサイト

theme : はな 花 華
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。