FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉は難しい

朱色の秋

12月の上旬に、京都に出かけた。
目的は、糺の森の紅葉写真。

遅すぎたかと、思いきやまだ緑の葉もちらほら見える、
五分咲きといった感じ。
(咲きってのは変か?)

パシャパシャと、撮ってはみるけど、
なかなか、いいのが撮れない。
こんな写真じゃ、実際の迫力が伝わらない。

なんでだろう?

アップで撮ると、紅が弱い。
褐色の印象の方が強くなる。

ひきで撮ってみると、形が弱い。
もみじの形が認識されず、まばらに紅が散らばるだけ。

ん~難しい。
難しいぞ。

もみじの紅は、
花の赤とも、木の実の赤とも違う。
散るゆく葉が見せる、一瞬の灯。
優しく強く、憂いを秘めている・・・

そんな紅を撮りたいのに・・・
結局、納得のいく紅葉は撮れず、
かってに来年のリベンジを誓うことにしました。


ちなみに、今回の写真は、糺の森から鴨川沿いを歩いて清水寺を目指す途中に見つけたもの。
この木の実って、なんていうんだっけ??りんどう??ちがうか??
スポンサーサイト

theme : お散歩写真
genre : 写真

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。